シャネル

シャネルの始まり

世界のブランドとして知られているシャネルですが、創業者はココ・シャネルと言う若い女性でした。そんなシャネルが創業して成功をした事については、ココ・シャネルが生涯をかけて愛したアーサー・カペルと言う恋人が出資してくれた事が大きかった様です。出資してくれるチャンスを得るに値するココ・シャネルの力も有りました。ココ・シャネルは孤児院で育ち、その時に仕立て屋で働いていた事があったそうです。そしてそこで裁縫技術をしっかり学んでいたそうです。そんな下地がしっかりしていたからこそ出資のチャンスを得たと思うのです。最初はエティエンヌ・バルサンと言う人の愛人になっていた時代が有りました。このときにココ・シャネルは帽子を趣味で作っていたそうです。その帽子が運良くエミリンヌと言うとても世間に対して影響力が強いセレブの目に止まり気に入られました。そしてこの時事業家だったアーサー・カペルに実力を認められ、売れる物を作る才能が有るとして出資者となったのです。こうしてシャネルは誕生して、世の中の女性達にスタイルで新しい生き方を提案していったのです。つまりシャネルの歴史はファッションの歴史でもある訳ですね。シャネルが誕生した当時、コルセットを女性が着けるのが当たり前の時代でした。しかしシャネルは女性を締め付けているだけの道具だとしてコルセットを女性のファッションから追い出してしまったのです。そして黒を用いてシンプルでエレガントなファッションを作っていく事になるのです。

 シャネルの始まり  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi