シャネル

シャネルの変遷

順調に運営を続けていたかの様に見えていたシャネル。1935年には従業員も4000人になったみたいで黄金期を迎えていました。しかしその後第二次世界大戦が始まりました。その影響を受けてシャネルのショップはたくさん閉店しなくてはならなくなりました。低迷したかに見えたシャネルですが、1954年には改めてショップがオープンしてカムバックコレクションとしてシャネルスーツが発売されました。その後は再び順調に時が流れていき1970年に有名なシャネルのNo.19と言う香水が発表になりました。創業者であるココ・シャネルは1971年に他界しました。その後はココ・シャネルの後を受け継いだデザイナー達の手によって、色んなコレクションを発表していっているのです。その時までには無かったのですが、シャネルの時計を扱ったブティックを1987年にオープンさせて以来、色んなエレガントでシャネルらしい時計を取り扱っています。余計シャネル人気が高まったと言っても良いでしょう。そしてジュエリー、バッグ等も次々とコレクションを開いて発表してきていて、ココ・シャネルが亡くなった後も進化し続けているのです。日本ではシャネルが流行った際に「シャネラー」と言う言葉が誕生しましたよね。身に付けている物全てシャネルで統一していた人がたくさん登場しました。若い女性の多くがシャネルを持つと言う現象が起きたのです。これが1980年代後半の事でした。今でも新しいショップがオープンする等、シャネルは世界中でまだまだ愛されているブランドなのです。

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi