シャネル

ココ・シャネルの恋愛

「恋多き女性」と言うのがココ・シャネルの代名詞とも言われているみたいですが、ココ・シャネルはたくさん有る恋愛の中でも3人の恋人によって人生が大きく好転した様なのです。
先ずは「エティエンヌ・バルサン」と言う方ですが、歌手として生きていこうとしたココ・シャネルが挫折を味わっていた時に出会い、彼女を救った男性でした。ココ・シャネルに贅沢な暮しをさせていたのですが、友人であるアーサー・カペルがココ・シャネルの帽子デザイナーとしての才能を見極めて自立させようとしました。その自立したいと言うシャネルの姿勢が嫌で別れる事になりました。そのココ・シャネルの才能を見極めてシャネルと言うブランドの立ち上げを支援したのが、先程出てきたエティエンヌ・バルサンの友人であるアーサー・カペルです。彼はエティエンヌと別れた後の恋人になります。シャネルのブランドの最初から世界のトップブランドになるまで支援し続けてきた恋人であり、ビジネスでも重要な位置にいた人物になります。最終的にはアーサー・カペルの方がもっと高い身分を望む事を選んでココ・シャネルと別れて、貴族と結婚したそうです。3番目に人生の好転を迎えたココ・シャネルの恋人と言うのが「ディミトリ・パヴロヴィッチ」と言う人物になります。シャネルはNo.5と言う香水を作り爆発的なヒットにしてココ・シャネルが大富豪になりました。その香水を作る時に手助けしてくれた人物になります。しかし彼は自分の身分の元、祖国であるロシアを復興させる為の結婚をする事になったそうです。こうしてココ・シャネルは様々な人と恋人になり、その人達に助けられてシャネルと言うブランドを大きくしたのだと思うのです。

 ココ・シャネルの恋愛  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi