シャネル

ココ・シャネルは歌手を目指していた

いつも「特別な人間になりたい」「贅沢な暮らしをしたい」と野心を持っていたココ・シャネル。最終的にはその夢を実現させる事になるのですが、最初はファッションデザイナーじゃなくて歌手を目指していた事があったそうです。「着飾って歌って見てくれる人から称賛の拍手を浴び、有名になっていつも注目を集める様子見人になる、それが特別な人間になると言うことだ」と思っていたココ・シャネルは、将校達が通っていたショーが開催されるカフェで歌手の卵を見ました。そして歌手として生きていきたいと願う様になりました。そこでそのカフェのオーディションを受けて合格して歌手の卵としての生活を始める事になりました。しかし歌手として成功出来るだけの歌唱力は無く、将校達がココ・シャネル目当てに通って来てくれる事を期待したカフェのオーナーの考えでこのカフェに歌手の卵として合格しただけだったそうです。歌手を本気で目指していたココ・シャネルにとってその事実は屈辱であり、直ぐにそのカフェを辞めて実力で歌手として活動をしていこうとしましたが上手くいかず、エティエンヌと言う将校で最初の愛人となる人と知り合って拾われる形となり歌手としての道を諦めたと言う事でした。そこからエティエンヌの愛人生活を始めたココ・シャネルは野心を諦めた訳ではありませんでした。趣味で帽子を作っていた事がきっかけとなり、ファッションデザイナーとしての道を進んでいく事になったのです。先ず歌手を目指さなければデザイナーとしての彼女もいなかったかもしれなかったと言う訳ですね。

 ココ・シャネルは歌手を目指していた  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi